チモシーの入れ物は100均で代用できる!うさぎの牧草入れの選び方をご紹介

スポンサーリンク

うさぎを飼育するうえで必要なものが牧草を入れる容器です。

うさぎさんによっても向き不向きがあるので、どんなものを使ったらいいのか悩むんですよね。

 

ですがそのお悩み、ダイソーなどの100円ショップに売っているものでまずは解消してみませんか^^

安いので気軽に試すことができます。

我が家もずっと使っていました。

 

私が牧草入れを選ぶ基準、そして陶器製の牧草入れを使ってみた感想をご紹介します。

ふく
ふく

参考にしてね♪

チモシー入れは100均グッズで代用できる!

前代の子たちは最初からずっと100均に売っているワイヤーネット(ワイヤーラック?)に牧草を入れていました。

参考画像ですがこのようなものです。

キッチン用品のコーナーに置いてあります。

 

後ろに写っているものです。

すごい寝方・・・(笑)

 

こっちも・・・(笑)

とむ
とむ

ムニャムニャ・・・

牧草の散らかり防止として、背面と底にプラスチックの薄い板(PPシート)を貼り付けていました。

板に穴を開けてカゴに結束バンドで留めていたと思います。(遠い記憶。)

そしてフックを引っ掛けるだけでは口でカゴをくわえてガタガタさせるので、結束バンドでケージに留めていました。

 

長い草も入れやすいです。

りゅう
りゅう

モデルみたい?

これで充分満足だったので(飼い主は)、この子たちは普通の牧草ケースを使ったことがありませんでした。

100均優秀。

牧草の入れ物は100均のワイヤーかごで代用することができますが、うさぎ専用に作られたものではないので使う場合は自己責任で!

 

ふく
ふく

ここからぼくのおはなし

ふくちゃんは2歳で我が家に来たのですが、前の飼い主さんから引き取ったときにはボール型の牧草入れでした。

へ~こんなものがあるのか!とちょっとした衝撃。

なんせ今まで100均のしか使ったことなかったので(笑)探したこともなく。

 

これのメリットは、吊り下げられるのでケージを広く使えることでしょうか。

ふく
ふく

ひろびろ~

 

立って食べるから運動になる(?)

ユラユラするから運動になる(?)

知らんけど。

下に置いておくこともできるようですが、転がしたらきっとうるさいと思います。

 

デメリットは入れにくい。

・長いチモシーは折り曲げて入れる
・細かいチモシーはパラパラ落ちる=掃除の手間

私は花粉症なので、できるだけチモシーとのふれあいを瞬時に済ませたいんですね。

チモシー補充のときは鼻水くしゃみがすごいんです(^_^;)

 

「この子はあんまり牧草食べへん子なんやな」って思ってたんです。

全然減らなかったので。

どうも食べにくそうな気がしたんです。

網目から口が入らないので、飛び出していない草は食べることができません。

 

そこで牧草入れを変えてみようと、ダイソーのお世話になることに。

ワイヤーのカゴを求めて。

形はいろいろあるのでどんなものでもいいのですが、これにしてみました。

長いチモシーも入れやすく、これは底があるので短いチモシーも受けることができます。

 

そしたら、めちゃくちゃ食べるようになったんですよ。

やっぱり食べられてなかったんやん!ということでした。

 

ただこれ完全に私の選択ミスなんですけど、私の手も入らないぐらい幅が狭かったんです(^_^;)

ふくちゃん小顔やしいけるやろと思ったら。

ふく
ふく

みて、上から顔はいらへんねん

下からも口はいらへんねん

 

と言ったかどうか定かではありませんが(絶対言ってない)

確かに食べにくそうだったし、私も掃除がしにくいので交換することにしました。

 

100均のワイヤーかごを使う場合は、ある程度広いものがおすすめ!

 

スポンサーリンク

うさぎの牧草フィーダーの選び方

牧草フィーダーはいろんな商品があるので、どれを選べばいいか悩みますよね。

  • 安いもの
  • 機能性
  • デザイン

など、どれを優先するかで選び方も変わってきます。

うさぎさん目線だと「食べやすい」一択でしょうか。

 

先にもご紹介したように、安さで選ぶならまずは100均のもので試してみるのもありだと思います。

私は本当は100均のかごで充分だと思っているので。(選び方次第)

それが合えば高い牧草入れを買う必要ありませんしね。

 

私が牧草入れを選ぶ基準はこちら。

  • 入れやすい
  • たくさん入る
  • 掃除がしやすい
  • うさぎがかじれない

 

噛み癖がひどいので、プラスチック製は却下。

木製はかじり木にもなっていいけど、かじり木もすぐ減るぐらいゴリゴリかじっているので、牧草入れもすぐ無くなってしまうかも(^_^;)

そんなにしょっちゅう買ってられません。

 

でもこれ、うさぎ型でカワイイですよね(*´ェ`*)

 

牧草パークとかは広いので補充しやすそうです。

100均の木箱でも代用できそうですが、塗料や薬品が使われていることもあるので抵抗があります。

うさぎ専用のものが安心です。

牧草をひっぱり出さなくても食べられるし良さそうですよね。

ホリホリもできるし。

でも場所を取るし、トイレにしてしまう子もいるとよく聞きます。

それにひっくり返したら大変!

なんせ花粉症なので牧草をバサバサしてほしくない(笑)

 

どれも一長一短・・・

いろいろ悩んだ結果、コチラを選びました。

トイレを陶器製にしたんですけど、同じメーカーから出ているチモシースタンドです。

 

チモシー入れを陶器製に。川井チモシースタンドを使ってみた感想

パールホワイトシリーズ・チモシースタンド
サイズ:幅110mm×奥行80mm×高さ130mm

 

【インテリア感覚のチモシースタンド】

 

円を4等分にした形です。

 

おしゃれ♪

私の手も入るし、うさぎの顔もちゃんと入りそうです。

 

裏側はこんな感じ。

 

横向きにもできるので、お好み&食べやすい向きで使うことができるんです!

 

木製のネジなのでかじられても安心。

ネジは別売りされているので、かじって小さくなったとしてもネジだけ買うことができます。

 

早速、ケージに取り付けてみました。

トイレとおそろいです^^

こちらの陶器製トイレについてはコチラをご覧ください。

 

ケージの角にウッドネジで固定します。

付属のウッドネジは2個ですが、ネジ穴は4個空いています。

タテ・ヨコの設置の向きによってどこでもとめられるということでしょう。

 

長い草も入れやすい!

横から出てきてしまうのはしょうがないです。

細かい草も下にたくさん入ります。

 

さっそくワシワシ食べに来てくれました!

でもなぜか立って牧草入れに手をかけて、上からばかり食べるんですよね(^_^;)

下からも食べられることに気がついていない様子。

ひたすら立って食べていました。

「こっちからも食べれるよ!」と教えても、わかってもらえません(笑)

 

でも翌日には下から食べられることをわかったようです。

食べやすそうで安心しました♪

 

ふく
ふく

奥のほうも食べたいねん

ちゃんと顔も入るので、下にたまった細かい草も食べられます。

ケージかじり防止で網を貼っているので、ネジが1つしか留められませんでした。

でもしっかり固定されています。

ケージの噛み癖対策についてはコチラをご覧ください。

 

そんなに場所を取ることもありません。

サイズ感はこんな感じ。

ふく
ふく

ぼく1キロぐらいやで

このチモシースタンドの不満点はありません^^

大満足!

牧草が少々散らばってしまうのはどの商品を使っても起こることだと思うのでしょうがないです。

陶器製は噛み癖がある子にもおすすめですよ。

 

ちなみに、同じく川井の牧草ポットも悩んだのです。

手前をフード入れにすることもできるのですがそうすると牧草食べにくそう。

網を外して牧草のみ入れることもできるのですが散らばりそうで。

ただこれは私の主観なので、この牧草ポットが良かったという口コミもたくさんありますよ^^

CHECK >> 牧草ポットの口コミを見る【楽天市場】

 

フードフィーダーもおそろいにしました。

ふく
ふく

インテリアコーディネートやな

 

まとめ

  • 牧草入れは100均でも代用できる
  • ただしウサギ専用じゃないものは自己責任で
  • 牧草入れを選ぶ基準は自分が優先したいものやウサギの個性で変わる

 

うさぎさんのお世話をするうえでのグッズ選びには正解がありません。

使ってみないとわからないのが難しいところですが、試行錯誤しながらでもその子に合うものを選んであげたいですね^^

 

 

スポンサーリンク

コメント

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました