プロフィール

京都府在住えみです。

2005年からうさぎと生活しています。

2015年にお別れしてから正直もううさぎと一緒に生活することはないと思っていました。

ところが2020年に里親になり再びうさぎとの暮らしがスタート!

うさぎのお世話は久しぶりで、忘れていることもたくさん。

というより、はじめてだっけ?と思うぐらい覚えてなくて(笑)

日々大変なこともあるけど癒やされながら過ごしています(*´ェ`*)

 

うさぎと生活してく中で調べたことや経験したこと、使ってみたもの、奮闘記などなど。

さまざまなことをご紹介していきます。

 

プロフィール

ではでは、我が家の『ゆかいな仲間たち』をご紹介します(*´ェ`*)

 

ふく
ふく

ふくです!

りゅう
りゅう

りゅうです!

とむ
とむ

とむです!

みんな男の子です^^

 

どのコもエピソードがありすぎてかなり長くなってしまいました!

お付き合いいただけると幸いです(*´ェ`*)

 

ネザーランドドワーフ:福(ふく)

ふくちゃんは、このブログの主人公!

ふく
ふく

人ちゃうけどな

2020年1月25日が『うちの子記念日』

ふくちゃんは2歳のときに我が家にやってきました。

 

前の飼い主さんは私の知人の仕事関係の人。

1人暮らしをしていた前の飼い主さんが飼えなくなったとのことで実家に送られてきたんですって。

(荷物と一緒に・・・(;_;))

でもそのお母さんもお世話ができなくて、引き取ってくれる人がいないか探していたようです。

行き場がなくなってしまい少しのあいだ転々としていたところ知人から私に声がかかり、「うちにおいで!」と里親になりました。

 

直接の知り合いではないので詳しい事情はわかりません。

でも飼えなくなったのなら、お世話してもらえる人を責任持って探してほしいです。

捨てられなかっただけマシなのかもしれませんが、怖かったと思います。よく無事でいたなとも思います。

保護されるうさぎもたくさんいるようです。

うさぎに限ったことではありませんが、辛い思いをする子が減ってほしいと願っています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

. 我が家にお迎えして2ヶ月になりました🐰🎵 はじめて見たのはこの写真。 前の名前と2歳ぐらいの男の子という情報だけ。 . 前の飼い主さんは、知人の仕事関係の人の息子さん。 飼えなくなったと実家に送られてきたけどそのお母さんもお世話ができず、誰か飼ってもらえないかと頼まれたそうで。 幼稚園でお世話してもらう話もあって少しの間いたけど、元々いる子との相性もあるからすぐには一緒にできないから困ってて。 . うさぎと生活したことがある私に知人から声がかかり、話を聞いて何の心の準備もないまま引き取りました。 . うちに来るまであちこち転々として怖かっただろうし、うちに来たときはすごく緊張しててご飯もチモシーもあんまり食べなかった。 . でも3日ぐらいで本性出してきて、今はかなりのやんちゃっぷりを発揮💨 最初は噛まれることもあったけど、だいぶ慣れてくれたみたいで甘えん坊になりました😌 . . いろんな事情があるだろうけど、どうしても飼えなくなったのならお世話してもらえる人を責任持って探してほしいと思う。 . ツライ想いをする子が減ってくれますように🐰🍀 . . #里親になりました #里親になって幸せです #里子うさぎ #うさぎ #ネザーランドドワーフ #ネザーランドドワーフ男の子 #うさぎのいる生活 #うさぎのいる暮らし #うさぎ好きさんと繋がりたい #うさぎと暮らす #うさぎ部 #うさすたぐらむ #うさぎ好き

🐰ふく🐰(@fukufukumofumofu)がシェアした投稿 –

 

ある果物の名前を付けてもらっていましたが、このコに幸福がたくさん訪れるように『福』と名付けました。

でも実は、我が家の愛犬(ミニチュアダックス)が好きな果物なので名前を呼べない。

という理由も(笑)

 

このブログは、ふくちゃんを中心にお届けしていきます^^

ふく
ふく

いっぱい登場するからよろしくね♪

 

ミニウサギ:琉(りゅう)

パンダ柄がステキでしょ( *´艸`)

りゅう
りゅう

パンダちゃうで

お尻尾はシマシマ♪

 

2005年2月6日が『うちの子記念日』

琉ちゃんは、後に紹介するとむちゃんと一緒に3ヶ月のときにペットショップから我が家にやってきました。

ここから私とうさぎとの生活がスタートです♪

当時はまだガラケーでSNSもなく(mix◯ぐらい?)気軽にネット検索ができる時代ではありませんでした。

本を読んでうさぎについて勉強し、手探りでお世話をする日々。

 

ケージの上からジャンプして脱走したり、かなりやんちゃ坊主で大変(^_^;)

でもトイレは1回でおぼえて、部屋んぽ中でもトイレに帰るかしこいコ^^

粗相することがなかったのでトイレに関してはラクでした。

スクスク育ちすぎて重たかったね(笑)

りゅう
りゅう

メタボ・・・

 

ある日、琉ちゃんのノドにピンクの何かができているのを発見。

すぐ病院に行くと腫瘍でした。

幸い良性だったので手術しなくてもいいけど、大きくなる可能性もあるし、ぶつけて出血したりゴハンが食べにくくなるかもしれない。

でも手術は全身麻酔なので負担がかかる。

琉ちゃんのためにはどっちがいいのかかなり迷いましたが、手術で腫瘍を取り除いてもらいました。

 

でもかなり痛かっただろうし、縫った跡が気持ち悪かったようで、食欲もなく・・・

数日後、突然けいれんをおこし、そのままお月様へ帰ってしまいました・・・

「様子がおかしい!」と思ってからあっという間でした。

2010年11月4日のことです。

手術しなければ良かったのかな。

今でも後悔してしまいます(;_;)

 

琉ちゃんお得意のカメラ目線♪

 

ミニウサギ:富(とむ)

とむちゃんは一番たくさんエピソードの持ち主( *´艸`)

とむ
とむ

壮絶な人(兎)生でしたわ

2005年2月6日が『うちの子記念日』

とむちゃんは、琉ちゃんと一緒に3ヶ月のときにペットショップから我が家にやってきました。

男の子同士はケンカするとのことで、別々のケージでお世話することに。

主に私が琉ちゃん、弟がとむちゃんのお世話をそれぞれの部屋でしていました。

 

2010年3月

夜遅く、突然ケージの中でバタバタのたうち回るとむちゃん。

同じ室内にいたのに何があったのかわからず焦りながらケージから出すと、オシッコ漏らしながらヨロヨロして歩けない。

ヒザの上に乗せたのですが、ガタガタ震えてたまにオシッコを漏らしてしまう。

病院でレントゲンを撮ってもらったところ、両方の骨盤を骨折していて脊髄もやられている可能性があるとのこと。

もう歩くことができません。

 

それからとむちゃんの介護が始まりました。

私の部屋で琉ちゃんと同居です。(ケージは別)

琉ちゃんは今まで足ダンもマーキングもしないコだったのに、よっぽど気に入らなかったんでしょうね。

初めて琉ちゃんの足ダンを見て、毎日ケージ内のアチコチにオシッコしまくりでした。

りゅう
りゅう

ぼくの部屋やのに!

ストレスで琉ちゃん腫瘍できてしまったのかな(;_;)

 

とむちゃんは手の力だけで移動して、上手にゴハン食べたりお水飲んだり。

(オレンジ色なのは電気ストーブの光です。)

ケージで生活できないので、プラスチック製の衣装ケースで過ごしていました。

 

「もうダメかも・・・」という状況から何度も回復。

完全に寝たきりになってから丸1年の2015年11月28日、11歳でお月様に帰ってしまいました。

下半身不随歴6年9ヶ月。

そのうち最後の1年は寝たきりでした。

不自由な生活よく頑張ったね(;_;)

とむ
とむ

ぼくがんばった

琉ちゃんお得意のカメラ目線に対し、とむちゃんはニオイが気になってしょうがない(笑)

たまに一緒に遊ぶこともありました♪

 

二人とも、お月様でいっぱい走り回ってるといいな^^

 

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました