ピンクカビの正体は何?落とし方や予防方法を知って撃退!

水回りにいつの間にか発生しているピンクの汚れ。

お風呂の排水溝や床、壁、天井、シャンプーなどのボトルの底、石けん受けの下などなど。
いろんなところで見かけることがありますよね。

洗ったのにまた現れるので、とっても不快です。

そこで、このヌメヌメしたピンクカビの正体と撃退する方法についてご紹介します。

 

スポンサーリンク

ピンクカビの正体は何?

お風呂でよくみかけるピンクの汚れ。

ぬめりのあるピンクカビの正体は「ロドトルラ」という酵母菌で、カビではありません。

ロドトルラは空気中に存在し、水分がある場所に付着するため、お風呂場だけでなくキッチンやトイレでも発生します。

菌が付着したときは無色ですが、3日程するとピンク色に。
菌自体がピンク色をしているからなんですって!

このロドトルラは、石けんカスや皮脂などを栄養源に水分と加わって繁殖します。

そしてカビよりも増えるスピードが速いので、どんどん広がっていき、気づかないうちに大量発生しているのです。

掃除してもすぐあらわれるのでうんざりしますよね。

ただこのピンク汚れを放置しておくと黒カビが発生してしまうんです。

ピンクが出てきたら、カビが生える合図

黒カビは時間が経つほど落としにくくなるので、できるだけ早い段階で落としておきましょう。

 

そういえば、白いタオルがピンク色になることもありますよね・・・

↓↓↓【関連記事】↓↓↓
タオルがピンクに変色するのはなぜ?落とし方と予防方法を解説!

 

ピンクカビの落とし方は?

ピンクカビと言われる「ロドトルラ」はカビのように頑固な根を張っていないので、塩素系漂白剤の力を借りなくても簡単に取れます。

ですがスポンジなどでこすったり、洗剤を使って汚れを落としても目に見えない菌が残っています。

何度でも発生するのは菌を落とせていないからなので、しっかり除菌しましょう。

市販の除菌洗剤を使っても良いですが、消毒用エタノールでキレイに取り除くことができます。

簡単なので、ぜひ試してみてください。

 

<用意するもの>
・消毒用エタノール
・キッチンペーパー

<ピンク汚れの落とし方>
1.キッチンペーパーにエタノールを含ませる
2.キッチンペーパーをピンク汚れに貼り付ける
3.約10分ほど放置
4.キッチンペーパーをはがす
5.はがしたキッチンペーパーや柔らかいスポンジでこする
6.水で流す

 

これだけで汚れが落ち、除菌もすることができます。

消毒用エタノールはドラッグストアなどでも販売されているので、手軽に購入できますよ。

 

たいていの場合ピンク汚れはすぐ落とせます。

こすっても取れない場合は菌の色素が染み込んでいることも考えられるので、キッチンハイターやカビキラーなどカビ取り用の塩素系漂白剤を使ってみてください。

材質によっては強くこすると傷が付いてカビが入りやすくなるので注意が必要です。

どうしても取れなければ、ハウスクリーニング会社に相談してみるのもひとつの方法ですよ。
自力で解決しないものはプロの力を借りましょう!

 

スポンサーリンク

ピンクカビの予防方法!

ピンクカビをしっかり洗い落として除菌しても、繁殖する力が強いのでまた知らないうちに発生してしまいます。

できるだけ発生しないように予防したいですよね。

そのためには、水分とエサとなる皮脂汚れや石けんカスなどを取り除いて、しっかり乾燥させることが大事です。

 

床や壁の高い位置までシャンプーが飛んでいることもあります。

浴槽、シャンプーボトル、洗面器、椅子、蛇口、シャワーヘッド、棚、排水溝など、お風呂から上がる前に簡単でもいいので掃除しましょう。

とはいえ、面倒ですよね(^_^;)

毎回丁寧にしなくても、ザッと全体を洗い流すだけでも違いますよ。

お湯で洗い流したあと、浴室全体に水をかけて温度を下げましょう。

その後、水気を拭き取ります。
全体を拭くのは大変なので、ピンク汚れが発生しやすい場所だけでも拭いておきましょう。

そして浴室乾燥機や換気扇を回してしっかり乾燥させます。
換気扇は最低でも2時間~翌日の朝まで回し続けるのがベストです。

まとめ

  • ピンクカビの正体は「ロドトルラ」という酵母菌でカビではない
  • 酵母菌は消毒用エタノールで除菌ができる
  • 水分とエサ(皮脂汚れや石けんカスなど)を取り除き、しっかり乾燥させる

 

何かと忙しい日々の中で最初は面倒ですよね。

どんなことでもそうなのですが、頑張って続けると自然と習慣化でき、そのうちやらないと気持ち悪く感じるまでになります。

日頃から対策をしておくことで、年末の大掃除が不要になるかもしれません^^

頑張りましょう!(自分に言い聞かせてます 笑)

 

スポンサーリンク

コメント

トップへ戻る
テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました