世田谷区たまがわ花火大会の開催日程と交通アクセスについて

「世田谷区たまがわ花火大会」は「川崎市制記念 多摩川花火大会」と同時に開催される花火大会です。

多摩川の両岸で打ち上がる花火は迫力満点!

かつては毎年8月に開催されていましたが、10月に変更されました。

秋に開催される花火大会は季節外れとも言えますが、それもまたいいものですよ^^

ぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。

 

スポンサーリンク

世田谷区たまがわ花火大会の開催日程

「世田谷区たまがわ花火大会」は、1994年から川崎市主催の「多摩川花火大会」と同日開催されるようになりました。

2004年から2006年までは河川改修工事により休止。
2011年は東日本大震災の影響により中止。

世田谷区主催⇒たまがわ花火大会
川崎市主催⇒多摩川花火大会

と使い分けていて、両大会を合わせて「二子玉川の花火大会」と呼ばれることもあります。

 

以前は8月第3土曜日の開催でしたが、2017年の落雷事故により、2018年からは気候が安定しやすい10月の開催に変更されました。

多摩川花火大会についてはコチラをご覧ください。

多摩川花火大会の開催日程や打ち上げ場所について
多摩川花火大会は川崎市制施行を記念して1929年に始まった花火大会です。世田谷区たまがわ花火大会と同時開催されています。花火大会といえば夏の風物詩ですが、多摩川花火大会は秋の開催に変更になりました。季節外れの花火大会もいいものですよ。ぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。

 

開催概要

【大会正式名称】
世田谷区たまがわ花火大会
(せたがやくたまがわはなびたいかい)

【観客数】
約39万人

同日開催の多摩川花火大会とあわせて通年60万~70万人程度。
1995年には両大会通算100万人(大会最高)を超える。

【打ち上げ数】
約6,000発

打ち上げ場所となる多摩川河川敷が広いため、10号玉(尺玉)の打ち上げが可能。
毎年異なるテーマに沿った花火が打ち上げられています。

 

開催日時

【開催日】
10月

※荒天の場合は中止(順延なし)

【打ち上げ時間】
18:00~19:00

【出店時間】
15:00~20:00

 

スポンサーリンク

たまがわ花火大会の打ち上げ場所 交通アクセス

多摩川河川敷
世田谷区立二子玉川緑地運動場
(東京都世田谷区鎌田1-3-5)

有料観覧席がありますが、当日の場所取りも可能です。

 

場所取り方法

<当日の場所取り開始時間>

  • ロープで囲うなどの場所取りは午前0時以降
  • ビニールシートでの場所取りは芝生保護のため午後2時以降

河川敷の鑑賞エリアはとても広いので、すぐ埋まってしまうということはありません。

ただし、出店が始まると人も増えてきます。

入場規制をする場合もあるので、時間に余裕を持って行くことをおすすめします。

※場所取りをしていても、入場規制後は入ることができません。

 

<場所取り方法の例>

  • ロープを対角線に張る
  • 水の入ったペットボトルをロープにくくりつけ、四隅に重りとして置く
  • 真ん中に目印(名字等)をつける

※粘着テープでの貼り付け、スプレーの吹きつけ、石やペグ、杭等の固定は禁止。
(芝を傷めたり転倒やけがの原因となり危険なため)

1人90cm四方が目安。

無人の場合、撤去されてしまうこともあるので要注意です。

 

会場内には仮設トイレが約240基設置されますが、大変混雑します。

30分待ちとなることもあるので、できるだけ早めに済ませておきましょう。

 

花火大会の持ち物をチェック!

花火大会の持ち物 必需品と便利グッズ 100均で揃うものは?
花火大会に持っていくものリストをご紹介します。必需品、あると便利なもの、全22選。その中から100均で揃えられるものをまとめました。友人、家族、カップルなどなど。さまざまなシチュエーションがありますが、基本的な持ち物はコレです。

コチラに書かれているものは主に夏の持ち物です。

10月の夜の河川敷はとても冷えるので、防寒対策をお忘れなく!

カイロを持参してもいいかもしれません。

 

交通アクセス

【主要最寄駅】

東急田園都市線 二子玉川駅より徒歩15分

 

臨時ダイヤが実施されますが、大変混雑します。

駅前での待ち合わせは要注意です。

通行規制や携帯電話の利用制限をされる場合があるので、あらかじめそろってから向かいましょう。

 

打ち上げ時間の1時間ほど前には二子玉川駅から会場まで1時間以上、花火大会終了後も二子玉川駅まで2時間以上かかる場合があります。

用賀駅までは徒歩約30分、成城学園前駅までは徒歩約50分であるため、公式もそちらをおすすめされています。

 

※会場周辺の大規模な交通規制あり

 

花火がよく見えるスポットをまとめました。

多摩川花火大会おすすめ穴場スポットやよく見える場所は?開催情報まとめ
同日に開催される川崎市制記念多摩川花火大会と世田谷区たまがわ花火大会の有料観覧席のチケットがなくても花火がよく見えるおすすめスポットをご紹介します。規模が大きいので広範囲で観覧することができますが、中でもよく見える場所を20か所選びました。

 

「多摩川花火大会」と「たまがわ花火大会」どちらを見ようか悩んでいる方はコチラもご参考くださいね^^

多摩川花火大会は川崎と世田谷どっちがおすすめ?違いや両方見れる場所は?
多摩川花火大会は川崎市と世田谷区で同日に開催され毎年とても人気の花火大会です。同じ日の同じ時間ということは、どちらを見たらいいのか悩みますよね。おすすめはどっち?そもそも違いは?両方見れないの?そんな悩みを少しでも解消できるようにまとめました。

 

【世田谷区たまがわ花火大会オフィシャルTwitter】

 

同日開催の「多摩川花火大会」についてはコチラ

多摩川花火大会の開催日程や打ち上げ場所について
多摩川花火大会は川崎市制施行を記念して1929年に始まった花火大会です。世田谷区たまがわ花火大会と同時開催されています。花火大会といえば夏の風物詩ですが、多摩川花火大会は秋の開催に変更になりました。季節外れの花火大会もいいものですよ。ぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。

 

花火大会最寄り駅近くのホテルはコチラがおすすめです。

多摩川花火大会 会場近隣おすすめホテルと周辺情報をご紹介
川崎市制記念多摩川花火大会と世田谷区たまがわ花火大会は二子橋を挟んだ多摩川河川敷で同時開催されます。花火終了後はゆっくりしたいという方や遠方から見に来られる方も多いのではないでしょうか。多摩川花火大会会場近隣のおすすめホテルをご紹介します。

 

スポンサーリンク

コメント

トップへ戻る
テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました